2016年06月29日

「トンネルぎゃらりい」展示写真の更新

平成28年6月29日(水)午前11時より高速鳴門バス停(上り)へと続く
トンネル内にて、展示写真の更新披露がありました。
年間50万人が通るこのトンネルには2005年より人形浄瑠璃や大谷焼の写真のパネルが
展示されていましたが、新たに写真家の小川直樹氏の作品に一新されました。
式典のスケジュールは、当クラブの吉村会長の挨拶に続いて泉理彦市長、
小山雅規観光協会会長にご挨拶をいただきました。
テープカットの後、実際に写真を見ながら小川氏より作品の説明をいただきました。
テープカット(小).jpg パネル手持ち(小).jpg
写真の説明(小).jpg 写真の説明2(小).PG.jpg
展示写真は鳴門の渦や大鳴門橋、ウチの海など、海をテーマにした作品や、
大谷焼など伝統工芸品、またわかめ、レンコンやハスの花など、地域の特産品、
そして阿波踊り、コウノトリの巣など、実に多様な分野を網羅した作品が展示されました。
鳴門市は日本はもとより世界に誇れる多くの絶景があることを改めて実感することが
できました。今後も県内外の多くの方に鳴門を知っていただくことが期待できます。
posted by 鳴門ライオンズクラブ at 12:27| 徳島 🌁| Comment(0) | 活動予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: