2010年10月21日

例会報告

2010 10 20 第二例会.JPG 2010 10 20献血.JPG

10月第二例会(第1138)の報告
日時:平成22年10月20日 18:15〜
場所:ホテルファーストシーズン

10月第二例会では、ライオンズクエスト特別委員会、春木委員長より
ワークショップについての報告がありました。

鳴門ワークショップまでのあゆみ

2008年6月:坂出キャビネット三役オリエンテーションで当時の三役が
      L北泰子(運営委員)のクエストの講演を聞き事業への思い(はじまり)
2009年1月:徳島ワークショップ(鴨島LC主催・川島中学校)へ鳴門LCより
      L春木・L井上2名参観
2009年3月:徳島ワークショップでプログラムを修了された教諭2名を招いて例会開催
2009年10月:北川渉(地区クエスト運営委員長)北泰子(運営委員)両氏を招いて
      例会での勉強会開催 市内小・中学校の校長会・PTA連合会へ体験会・
      ワークショップの説明・参加のお願い。
2010年6月:体験会開催
       ライオンズクエスト「思春期のライフスキル教育」プログラム体験会
       実施日時:6月12日(土) 13:30〜16:00
       実施場所:鳴門市共催会館3F 会議室
       後援団体:徳島県教育委員会・鳴門市教育委員会・徳島新聞社・四国放送・
            テレビ鳴門
       講 師: 田川 薫 セミナー担当講師
       参加者:教育関係者、保護者、藍住LC,板野LC、鳴門LC合計 67名
       開講式ご来賓:鳴門市教育委員会教育長 近藤芳夫様
              脇 憲久次期キャビネット幹事長予定者
              北川 渉地区クエスト運営委員長
              ☆アンケート報告
2010年8月:徳島(鳴門)公募型ワークショップ開催
      「思春期のライフスキル教育」プログラムワークショップ
      実施日時:8月21日(土)9:30〜17:30
           8月22日(日)9:00〜17:00
      実施開場:鳴門市第一中学校 2F 会議室
      後援団体:徳島県教育委員会・鳴門市教育委員会・徳島新聞社・四国放送・
           テレビ鳴門
      講 師:北川敏和 ライオンズクエスト認定講師
      参加者:参加予定者 24名
          1日目参加者22名・2日目21名
          修了証交付者 21名
          参加者 教育関係者 19名
          ライオンズメンバー  2名
      開講式出席者:中西久雄鳴門LC会長、村木弘次9RRCP
             北川渉地区クエスト運営委員長、L岩佐典秀(藍住LC)
             L福永博基(北島LC会長)
             ☆これかのクラブの取り組み
             ☆「ライフスキル教育」研修会に参加してのアンケート
             ☆徳島ワークショップ スケジュール 
                                   以上
  
委員会報告:環境保全・保健福祉委員会、大窪副委員長より10月20日(水)
      鳴門市民会館前で行われた献血についての報告があり、受付者86名、
      献血者71名でした。
      なお献血者には、お礼として「ソイジョイ」を各2本ずつお渡しいたしました。


☆昨日のテレビにて、領土問題や国家の会計等について、
わかりやすく説明していました。
 結局利害関係というのは外交、政治、省庁、企業、個人を問わず
相対的なものである以上、誰かが利益を得ると誰かが不利益をこうむるという
構図で成り立っていますね。
今回の献血はまさに献身的な奉仕ですね。こうした地道な活動から大きな
希望が生まれることと信じています。皆様ご苦労様でした。

posted by 鳴門ライオンズクラブ at 19:15| Comment(0) | PR(会報)・ライオンズ情報・大会参加委員会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: